豊富な治療実績のあるクリニックを

実績のあるクリニックは、当然それなりの効果やメリットがあるものです。
肝斑でお悩みの方、まずはレーザー治療について知って頂ければと思います。

肝斑の原因

肝斑についても肝斑についても一般的には30~40代女性に多く見られ、目の周囲を除く頬の高い位置や額など顔面に左右対称で現れる黄褐色にできるいわゆるシミの事を肝斑と言います。
肝臓に似た形状から肝斑の名がついたとされています。
妊娠時や経口避妊薬でも引き起こされることがあり、女性ホルモンとの関連も指摘されています。
その他紫外線や摩擦などの外部的刺激によるものも原因の一つとしてあげられます。
しかし普通のシミと肝斑の見極めは大変難しく、間違った診断による治療を行うと症状が悪化してしまう恐れもあるのです。
ですから気になるようでしたら、きちんとした専門の医師に相談して、シミ治療を受ける事をお勧めします。

肝斑の見分け方

肝斑についてもシミの種類も違えばその治療法も違います。自分肌のシミが肝斑であるか否かはどのように判断すれば良いのでしょうか。
まずはシミが顔のどの部分にできているかを確認しましょう。肝斑はほほ骨、目の下や口の周辺に左右対称にできるという特徴があります。輪郭がはっきりしないぼんやりとした薄い褐色が広範囲にわたって広がります。主に頬全体にもやっと広がったでき方、頬骨に沿って筆で書いたようでき方、目じり付近に小さく広がるでき方があります。
ストレスなどによるホルモンバランスの乱れによって発症し、一般的にシミに効果的であると言われる紫外線対策やビタミン補給ではあまり効果が見られないのも肝斑の特徴としてあげられます。

肝斑の治療法

肝斑についても肝斑の治療方法としてもっとも効果的であるとされてきたのがトラネキサム酸内服療法です。肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることによってできるといわれていますが、トラネキサム酸に女性ホルモンのバランスを整える効果があるわけではありません。
トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐ効果があります。色素沈着抑制効果をもつため肝斑にも効果を発揮します。内服薬として使用することによって成分が血液中に浸透し、表皮の深いところにあるメラノサイトに届きます。
トラネキサム酸がその効果を発揮するのはだいたい服用をはじめてから4~5週間といわれています。トラネキサム酸の服用の他にもメラニンの合成を抑制する効果があるハイドロキノンの服用や、身体に不足している成分をいち早く吸収させることによって治療を行う美容点滴もあります。
美容点滴は複合的に治療効果を高めることができ、エイジングケアや、健康維持のために行う人も増えているのだとか。
トラネキサム酸の服用によって効果が出てきたからといって安心してはいけません。紫外線対策は常に気をつけなければ新たなシミを発症してしまう可能性があります。治療後も徹底して紫外線対策を行うことを心がけましょう。

レーザートーニングの効果やメリット

レーザートーニングの効果やメリット今まで不+I31:J36可能だった肝斑治療にレーザーが使用できるため、これまでの長い治療期間よりも早くご自身でも効果を実感できるようになりました。
施術後の腫れやむくみなどの副作用がでることもほとんどないため、施術直後からの化粧も可能なのが特に嬉しい点です。
その際強くこすったりして刺激を与えないように注意してください。
またより効果を高めるために他の施術の併用も可能ですので、興味のある方は是非お尋ねください。
例を上げるとするならば、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服・外用に加えケミカルピーリングといったイオン導入、美白効果の高い化粧品の併用などがあります。

肝斑のレーザー治療が池袋・新宿でも可能

肝斑のレーザー治療が池袋・新宿でも可能レーザートーニングという最新鋭の機器を使用することにより、今まででは治りにくいとされてきた肝斑の治療が可能になりました。
肝斑の場合通常のシミと異なりメラニンを生成するメラノサイトが少しの刺激によって活性化するため、通常のレーザーによる照射では症状の悪化や治療が困難とされてきました。
これに対してレーザートーニングで使用するメドライトでは、均一かつ広範囲に少ないパワーで照射するため、余計な刺激を与えることなくメラニンの減少を促すことができるのです。
そのため回数を重ねるたびにメラニン量が減少し、高い効果と透明感のある肌へと近付けるのです。