女性の天敵:そばかす

女性にとっての天敵であるシミ・そばかす。
けれどシミの種類や、原因となる日焼けの事をよく知っていますか?

そばかすの原因

シミ・そばかすとは?そばかすは、鼻や目の周辺など、頬の上部にできやすく、手や背中にもできます。日光を多く浴びるお春から夏にかけて、そばかすの色が濃くなるというのもしみと異なる点です。
そばかすの原因として上記で説明した通り遺伝によって思春期にできることが多く、思春期後は消える場合が多いです。
また、大人になってからできることもあり、大人のそばかすはなかなか消えにくいといわれています。原因は遺伝の他には紫外線の影響が大きく、他には、洗顔方法や、誤った化粧品の使用法、ストレス、ビタミン・ミネラル不足、睡眠不足などが要因といわれています。
池袋・新宿には多くの専門のクリニックがあるので、そばかす治療で悩んでいる方はカウセリングをオススメします。

シミの種類

シミの種類シミにはいくつかの種類がありそれぞれ原因にも違いがあります。
またその形状・出来る場所・治療法も異なります。
中でももっとも多く見られるのが、紫外線が主な原因の老人性色素斑です。
ほお骨の高い位置、こめかみに出来やすく数ミリ~数十ミリの大きさで平坦で丸い形状の色素斑であることが多いです。
肝斑は頬などに左右対称に出来るシミで、妊娠中やピルの服用中にも現れやすく女性ホルモンとの関係が大きな要因とされています。
他にもいぼ状に盛り上がった状態のシミで、脂漏性角化症・炎症性色素沈着・摩擦黒皮症・遅発性両側性太田母斑などがあります。
関東では池袋や新宿などの主要都市にクリニックがありますので、相談をしてみてもいいのかもしれません。

そばかすの種類(追加分)

日焼けとの違いは?そばかすという呼び名は通称でその正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。一見シミと同じようにも見えますがそばかすの原因は多くの場合が遺伝であるという点でシミとは大きく異なります。主に顔やめの下に見られ、その大きさはだいたいシミと比べると小さく、だいたい直径3~5ミリです。
手の甲やや背中、肩にできる場合もあります。紫外線を浴びると濃くなるという性質がありますが、シミとは異なり、加齢とともに薄くなることもあります。
そばかすにはもうひとつ花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)という種類があります。花弁状色素斑とは強い紫外線を一気に浴びることによってできる淡い褐色の色素沈着のことです。紫外線によって引き起こされる日焼けによって色素沈着がおき、両肩から背中の上部にできる傾向があります。
顔は普段から紫外線を浴び慣れていますが、肩や背中は紫外線に当たることがあまりないため、海水浴など肌を出す機会に紫外線の影響で皮膚が炎症を起こし花弁状色素斑になってしまいます。
普段からあまり紫外線を浴びる機会がない人、雀卵斑ができる人、メラニンが少ない色白の人が花弁状色素斑になりやすいです。

日常のそばかす予防

?紫外線対策
そばかすは紫外線をより吸収しやすい特徴を持っています。 そばかすは紫外線を浴びメラニン色素が増え、より濃いそばかすになってしまうので外出する際は、日焼け止めを欠かさず使用し、紫外線からそばかすを守りましょう。
②洗顔時の注意点
洗顔をする際に、時間がなく大雑把に力強くゴシゴシと洗う人がいますが、これはそばかすにとってやってはいけない洗顔法です。 そばかすに強い刺激を与えるとメラニンが活発化し、メラニンが増えることに繋がります。 他にもマッサージをする際も注意が必要です。 乾燥もそばかすの天敵ですから、洗顔後はしっかり保湿を行うことが大切です。
③ビタミンの摂取
ビタミンの中でも一番効果的なのが、ビタミンCです。ビタミンCはメラニン色素を抑える働きがあり、コラーゲンも生成してくれます。 ビタミンCだけでなく、ビタミンAやEを摂取することで、活性炭素の働きを抑えてくれる効果があり、肌のターンオーバーを正常化してくれ、肌の細胞の代謝をよくすることでそばかすが薄くなるのを促してくれます。
定期的に池袋・新宿などの皮膚科で検診を受けてみるのもオススメします。

そばかす治療の方法

そばかすはシミとは異なり先天的なものが多いためセルフケアでの完全に解決するのは難しい場合が多いです。そばかすの治療法を大きく分けると、レーザーなどの光による治療、外用薬・内用薬など薬を用いた治療、ケミカルピーリングの三つに分けられます。
①光による治療
そばかすの治療にもっとも効果があるといわれているのがレーザーによる治療です。一回の照射でもそばかすが完全に消えてしまう場合があるといわれているほど高い効果が期待できる治療法です。レーザーの照射によってそばかすのメラニン色素を破壊するという治療法であるため、施術中にちくちくとした痛みが生じる場合があります。 施術後はレーザーに反応したメラニンが浮かび上がって小さなかさぶたとなり、洗顔を重ねるごとにそのかさぶたがぽろぽろと剥がれ落ちいきます。 レーザー治療のほかにもフォトフェイシャルといったレーザー治療よりも刺激の少ない治療法もあります。こちらはフラッシュ光線を使用してそばかすを薄くする治療法です。レーザー治療のようにダウンタイムは必要としませんが、2~3回の通院を必要とします。

②洗顔時の注意点
洗顔をする際に、時間がなく大雑把に力強くゴシゴシと洗う人がいますが、これはそばかすにとってやってはいけない洗顔法です。
そばかすに強い刺激を与えるとメラニンが活発化し、メラニンが増えることに繋がります。
②薬を用いた治療
内服薬としてそばかすに効果があるといわれるのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸は色素沈着を抑制する効果がるとされており、シミ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑えます。 害服薬として効果があるとされているのはハイドロキノンです、ハイドロキノンはメラニンの生成を焼くせいする効果があり、「お肌の漂白剤」とも呼ばれています。

③ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは皮膚を化学物質によってはがして生まれ変わりを促す治療法です。そばかすの原因であるメラニンをこれによって角質とともに脱落させます。