効果の現れるまでの期間や流れ

シミ治療を行いたいという方は多いと思いますが、果たしてそのシミ治療では一体どの程度で効果が出るのか。
治療後に痕は残らないのか、また適した時期はあるのか。
その疑問を解決しましょう。

どの程度で効果がでるか

治療の効果についてですが、患者さまの症状にもよりますが、薄いシミだと1回の治療で効果が現れますし、濃いものでも2回から5回の治療を行う事で効果が現れます。
上記の回数の治療を行う事でほとんどのシミを綺麗に除去することができます。
レーザーを照射した後は患部はかさぶたのようになり、傷が治るまでに数週間程度の期間がかかります。
この期間をダウンタイムといいダウンタイムを含めると早い方では半月、遅くても1年程で元通りのお肌状態に戻ります。
一般的にレーザ治療の後すぐにシミが消え、元の肌に再生されると思われがちですが多少の期間を要しますので、何かのイベントなどに合わせた治療なら少し余裕をもってのシミ治療をお勧めいたします。

治療の痕が残るか心配

上記で説明した通り、シミ治療後はかさぶたが出来、数週間ののちそのかさぶたが剥がれ肌の再生が始まります。
完全に消えるのにはその症状により個人差がありますが、治療後のケアに気を付ければ痕に残る事はほとんどありません。
それはレーザー治療の後は肌が普段より敏感になっていて、少しの刺激でも受けやすい状態になっているからです。
特に紫外線対策には気を配るようにしていただき、池袋・新宿のクリニックでは小さめの絆創膏などで数日対応します。
施術後には内服薬や外用薬の処方もしているので、医師の指示通りに生活すれば問題ありません。
また洗顔・メイクなども通常通り行えます。

シミ治療に適した時期はある?

シミ治療はレーザー治療がとても効果の高い治療法として、最近では手軽に受けられる方も多くなりました。
しかし、施術後のケアに多少の期間が必要だという事はあまり知られていないようです。
結婚式やその他のイベントに向けての治療を希望される方もいらっしゃいますが、すぐに綺麗な肌を取り戻せるわけではないので余裕を持ってシミの治療に来院される事が望ましいと言えます。
また治療後の紫外線対策を考えると、紫外線の強い時期を避けた方がご自宅でのケアが少し楽かもしれません。
とは言え夏場など特に紫外線の強い時期しか施術のチャンスがないなど、様々なご事情もありますよね。
決して夏場に受けられないというわけではありません