シミ治療後に注意するべき点

新宿や池袋で適切なシミ治療・くすみ治療を行っても、その後の処置が悪ければ、治療が完了する時期も長引き、最悪の場合、シミが大きくなることもあります。
ここでは、シミ治療後に注意するべき点を紹介して行きます。

シミ治療後に注意するべき点

1.日焼け なんといっても、シミの最大の原因でもある日焼け。日焼けに関しては、日常生活する上でも特に注意しましょう。一般的には、日焼け止めクリームや美白クリームなどを塗り、紫外線からシミ治療をした部分を守りましょう。
施術した後の肌は、ほぼ火傷状態の為、ダメージを受けやすく、紫外線を蓄積しやすいのです。さらに熱で刺激してしまうと、肌トラブルや、シミの箇所の肌が修復しなくなってしまします。
外に出る時は日傘やサングラス、帽子を持っていく習慣をつけ、治療期間中は長時間、紫外線が当たらないような計画を立てると更に良いでしょう。
治りかけや、治療が終わった後でも再発を防ぐ為にも、紫外線対策は継続して行う必要があります。

2.アフターケア
レーザによるシミ治療を行ったすぐの肌は、火傷状態でぐちょぐちょの肌になります。
術後1週間位は治療箇所をばんそうこうなどでガードし、または化膿止めの軟膏を塗ることもあります。
その後、かさぶたになってはがれ落ちるのですが、間違っても自分で、かさぶたをはがすようなことはしてはいけません。
肌の内部は新しい皮膚に生まれ変わろうとしている中で、無理やりとってしまうと、肌を傷つけ症状が悪化することもあります。
また、かさぶた状態の前や際中、かさぶたが取れた後でも、患部をかいたり、刺激することは控えましょう。
治療中は気になってしまいがちですが、シミをなくすには大切なアフターケアです。

3.薬
処方された薬は必ず飲んだり、塗ったりして、新宿や池袋などの医療機関で出された指示に従いましょう。
ついつい忘れてしまったりすると、治療が長引いてしまったり、効果が半減してしまいます。
薬によっては、すぐ効果が出るのではなく、時間が経ってから効果が表れるものもあるので、どういう薬の使い方をすればいいのかも専門の医師に確認をして注意しましょう。
治りかけの時はもちろんですが、治療後も、定期的に塗り薬を使ったり、紫外線対策をしっかり行いましょう。
シミから解消されて綺麗な肌になる為には、地道なことを継続することで実現することができるのです。